• 大橋大哉(ギター)

    ☆ギターを始めたきっかけは何ですか?
     祖父の家に置いてあったギターを頂いた事がきっかけです。

    ☆演奏するときに大切にしていることは何ですか?
     それは「コミュニケーション」です!
     自分の場合一人でというより、他の演奏者の方と一緒に演奏する事が多いので!!

    ☆ギターで一番苦労した事は何ですか?
     左手が硬い事、自分のこれからの課題でもあります。

    ☆練習、演奏するときに大切にしていることは何ですか?
     練習時心掛けている事はあせらずじっくりと行うという事。
     演奏時心掛けている事ははリラックスする事です。

    ☆楽器を教えるときに大切にしていることはなんですか?
     生徒さんによって、演奏スタイルも弾きたいジャンルも様々だと思いますので柔軟さです。

    ☆最後に、今からギターを始めたい方に一言お願いします。
     ギターを弾く楽しさ、難しさ、一緒に始めましょう!

  • 高原瑞代(フルート)

    東京音楽大学音楽学部音楽学科器楽専攻卒業。 これまでにフルートを新保江美、三瀬直子、三上明子の各氏に、室内楽を斎藤賀雄、中野真理、島崎説子、篠崎史子の各氏に師事。 現在、音楽教室にてフルート講師を務める傍ら、ブライダルやイベントなど、様々な演奏活動も行っている。

    ☆フルートを始めたきっかけはなんですか?
    姉がフルートをやっていて、自分もやるものだろうとなぜか思ってました。それで中学校で吹奏楽部に入り、フルートを始めました。

    ☆演奏するときに大切にしていることは何ですか?
    常に音楽に色をつけること。自分にしか吹けない個性を出すことです。

    ☆練習、演奏するときに一番苦労したことは何ですか?
    とにかく音量がなくて悩みました。今でもまだ課題ではあります。

    ☆練習、演奏するときに大切にしていることは何ですか?
    意味の無い無駄な練習はしないようにしています。

    ☆今からレッスンを始めたい方に一言お願いします。
    練習が嫌いという生徒さんも居らっしゃいますが、練習の仕方を工夫すればすぐに楽しくなります。楽しい練習はもちろん良い演奏に繋がります。是非一緒に音楽を楽しみましょう。

  • 守屋真琴(バイオリン)

    3歳よりヴァイオリンを始める。東邦音楽大学付属高等学校、同大学を経て、同大学大学院修士課程修了。ヴァイオリンを天満敦子、白岩博子、ルネ・シュタール、室内楽を大久保淑人の各氏に師事。在学中、2度に渡るウィーン研修に参加しレッスンを受講する。秩父国際音楽祭のプレコンサートに出演。2010年DJとのソロヴァイオリンでコラボし、六本木ヒルズ森タワーで行われたBlue windy nightに出演。現在アーティストのライブサポート、レコーディング、ドラマのエキストラ演奏、オーケストラ、ライブ等、幅広いジャンルで活躍する傍ら、音楽教室の交信の指導を行っている。

    ☆楽器を始めたきっかけはなんですか?
    元々音楽が好きだったことから、母親がヴァイオリン教室に連れて行ってくれたのがきっかけです。

    ☆演奏するときに大切にしていることは何ですか?
    音色やフレーズなど、基本的なことをはじめ、楽譜から読み取った思い描く感情や想像が音になるように、音楽になるように。。。と考えています。

    ☆練習、演奏するときに一番苦労したことは何ですか?
    やはりテクニックがいる曲は練習にも時間がかかるし、演奏するときの苦労は常にアンサンブルする時の集中力がいること。

    ☆練習、演奏するときに大切にしていることは何ですか?
    上記の内容といっしょですか??(>_<)練習においては・・・、難しいところは、ゆっくり弾いたり、リズムをかえて弾いたり、なぜ弾けないか考えて練習法を考えます。後は何度も繰り返します。

    ☆楽器を教えるときに大切にしていることはなんですか?
    私は、「正しい姿勢」を基本的に大事にしています。そして生徒さんが弾くことが楽しい!と感じてもらえるように、生徒さんの要求に答えられるように進行を考えています!!

    ☆これからレッスンを始めたい方に一言お願いします。
    どんな音楽でも曲でも、ご自分の手で音にしてみることはとても楽しいことです♪一人で弾いたり、合奏したり、普段の生活の中に喜びが少しプラスされるかもしれん!それを見つけるための練習を一緒にやってみましょう!!

  • 橋本麻衣子(ピアノ)

    埼玉県出身。武蔵野音楽大学附属音楽教室を経て、同大学器楽学科卒業。同年卒業演奏会出演。同大学大学院音楽研究科修士課程修了。第14回ペトロフピアノコンクール奨励賞、第35回ピティナ・ピアノコンペティション2台ピアノ上級部門全国決勝大会入選。ピアノを本橋香代子、奥田操、J.ダムガードの各氏に、ピアノデュオをK.ガネフ、コッホ中村幸子の各氏に師事。

    ☆ピアノを始めたきっかけはなんですか?
    誰も弾かないピアノが、家に置いてあったので、私が始めてみました。

    ☆演奏するときに大切にしていることは何ですか?
    作曲家が曲に託した思いを汲み取りつつ、自分なりの解釈で聴衆に音楽を伝えること。

    ☆練習、演奏するときに一番苦労したことは何ですか?
    手が小さいため、指が届かない箇所が多数…。

    ☆練習、演奏するときに大切にしていることは何ですか?
    練習のときは、兎に角ゆっくり弾いて音楽をよく味わうこと。

    ☆ピアノを教えるときに大切にしていることはなんですか?
    生徒さん一人一人に合わせてレッスンを進めていくことと、自分の指でピアノを奏でる喜びや、音楽をつくることの感動を、より多くの生徒さんに体験していただけるような指導をすることです。

    ☆今からレッスンを始めたい方に一言お願いします。
    ピアノを弾きたい!と思ったときが、貴方様のピアノ生活の始まりです。素敵な音楽を探し、ピアノのある豊かな時間を共に過ごしましょう(^^)

  • 柳平淳哉(ピアノ)

    日本大学芸術学部音楽学科ピアノ専攻卒業。ピアノを伊藤睦美、和泉真弓、神野明、アルバート・ロト各氏に師事。「季節のさまざまな色の実を鳴らす」事をコンセプトにしたユニット「いろのみ」のピアニストとして、作曲・演奏活動をする。京都の法然院や鳴子温泉郷など名所旧跡での異色のライブパフォーマンスや、「デザイン物産展ニッポン」の会場BGM、WWF(自然環境保護団体)のキャンペーンサイト「北の果ての物語」のテーマ曲を担当。Mozilla Firefox 4 プレリリースキャンペーン「Virtual Park Tumucumaque (トゥムクマケ)」のBGMを担当。第21回NICOGRAPH デジタルミュージック・コンテスト「自由作曲部門」審査委員実行委員長特別賞受賞。音の認知・認識に着目した、ピアノの音の新たな可能性の論文を発表。「ナガオカケンメイD勉強の会」にライブゲストとして出演や、SWITCH企画「読書のための音楽」にて写真家 小林紀晴氏と共演する。4thアルバム「ubusuna」がタワーレコードのNewAgeランキングでチャート1位を獲得。2010年5月に5thアルバム「ZONE」をSTARNET MUZIKよりリリース。2010年11月にシンガポールのKitchen. Labelより6thアルバム「sketch」をリリース。瑞々しく繊細な音楽が、国内外の幅広い層から支持されている。

    ☆ピアノを始めたきっかけは何ですか?
    兄が弾くピアノの真似から始めました。

    ☆演奏するときに大切にしていることは何ですか?
    その時々に感じる事を表現する事です。

    ☆ピアノで一番苦労した事は何ですか?
    緊張感の克服です。

    ☆練習、演奏するときに大切にしていることは何ですか?
    気持ちも身体も脱力する事です。

    ☆楽器を教えるときに大切にしていることはなんですか?
    楽しむ事です。

    ☆最後に、今からピアノを始めたい方に一言お願いします。
    一緒に音を楽しみましょう♪

  • 矢野智代(ピアノ)

    桐朋学園大学音楽部演奏学科ピアノ専攻卒業。桐朋学園大学主催、スチューデンツコンサート出演。卒業後、渡独。ニュルンベルク音楽大学入学後、ソロ、室内楽などコンサート実行。在学中、オイルトミーの伴奏も受け持つ。第15回エリザベト音楽大学国際音楽セミナー、ジャックルビエマスタークラス、オーストリアにて、ザルツブルク音楽祭、クリストフリースケマスタークラス受講。終了演奏会出演。第46回東京国際芸術協会新人オーディション合格。ソルフェージュを半田文代氏、室内楽をPeter reich、ピアノを小嶋素子、竹内啓子、WolfgangManzの各氏にに師事。

    ☆ピアノを始めたきっかけは何ですか?
    あまり覚えてはいないのですがピアノに憧れはありました。あんなに大きい楽器をいつか弾き熟せるようになりたいと思っていました。

    ☆ピアノを弾く中で大切にしていることはなんですか?
    音質です。テクニックも大切なのですが音はさらに重要だと思っています。ピアノは他の楽器と違い基本的に持ち運べません。なのでコンサートで弾く際には、普段は家にある、弾き慣れているピアノで音を作って練習しますが、その場合はまたさらに現地で出会ったピアノで音を作る努力が必要です。その時出会ったピアノの性質を理解し、会場内の音響とも折り合いつけながら、その上でまた音を作ります。ですから常々音にはとても気を配りながら弾いています。

    ☆ピアノで一番苦労した事は何ですか?
    ピアノが弾けなくなったことがあります。最終的にはどこが何の音なのかもわからなくなりました。その時は、とてもとても辛かったです。原因は今でも分かりません。精神的なものだったのかもしれません。

    ☆ピアノで一番楽しい事は何ですか?
    楽しいことといいますか、人に聞いて頂いて、何か感じていただけたり喜んで頂けたときはとても嬉しく、やっててよかったと思います。ピアノに限らず楽器を弾くというのは自分一人で楽しむのも素敵なことだけど、人様の前で聞いて頂いて初めて意味を成すものだと思っています。

    ☆最後に、今からピアノを始めたい方に一言お願いします。
    ピアノはとても親しみやすい楽器ですし、とても繊細で奥深い楽器です。けれどピアノを続けるためには日々の練習が不可欠な為、集中力や忍耐を要します。楽しいばかりではないですが、ピアノに携わることで音楽世界の素晴らしさを感じて頂きたいと思っています。